医療機関情報

院長名 イチカワ ユキオ
市川由紀夫
医療機関名 イリョウホウジン
医療法人
ヨコハマグリーンクリニック
横浜グリーンクリニック
郵便番号 〒234-0054
所在地 神奈川県横浜市港南区港南台4-22-9
パークハウス港南台1F
電話番号 045-830-6801
FAX番号 045-830-6802
横浜リウマチ・内科クリニック

シンポジウム

第41回 日本人工臓器学会総会 2003年11月1日
 シンポジウム 人工臓器・臓器移植・再生医療のベストミックス
 The revascularization of the future:21世紀の血行再生術
パネルディスカッション
第104回 日本外科学会総会 2004年4月
 吻合部位の血流動態より考えた右内胸動脈グラフトの使用法
第32回 日本血管外科学会総会 2004年5月13日
 再生医療・遺伝子治療の適応と再評価:どこまで有効か 重症虚血下肢への血液幹細胞移植術
ワークショップ
第34回 日本人工臓器学会  1996年7月
 長期臨床例における自家脂肪細切片被覆人工血管の特徴的治癒像
ラウンドテーブルディスカッション
第35回 日本人工臓器学会 1997年9月
 冠状動脈バイパス術におけるヘパリンコーティング人工心肺回路の有用性

一般演題

第22回 日本心臓血管外科学会総会 1992年4月
 指定演題 仔牛頸静脈より作成した肺動脈弁つきグラフトの臨床応用への可能性
ASAIO(American Society for Artificial Internal Organs)’s 38th Annual meeting May 7-9,1992 Tennessee
 A New RV-PA conduit with a natural valve made of bovine jugular vein.
ASAIO(American Society for Artificial Internal Organs)’s 38th Annual meeting May 7-9,1992 Tennessee
 Development of an antithrombogenic and compliant venous substitute with a valve.
IXth congress of the M.E.DEBAKEY international surgical society. 1992年6月Frankfurt
 Application of a chemical crosslinked heterologous vein with a natural valve to the right ventricular pulmonary artery bypass conduit.
IXth congress of the M.E.DEBAKEY international surgical society. 1992年6月Frankfurt
 An animal study of a heparinized venous graft with a natural valve.
第30回 日本人工臓器学会 1992年11月
 New valved conduit 作製のための仔牛頸静脈の利用
第23回 日本心臓血管外科学会総会 1993年3月
 仔牛頸静脈より作製した肺動脈用弁付きグラフトの臨床応用への可能性
第23回 日本心臓血管外科学会総会 1993年3月
 開心術後の合併症に影響を及ぼす術前、術中因子について
第93回 日本外科学会総会 1993年4月
 生体弁付き仔牛頸静脈を利用したRV-PA valved conduitの開発
第24回 ASAIO’s 39th Annual meeting April 29,30 May 1,1993 New Orleaans
 A New RV-PA conduit with a functional natural valve
第21回 日本血管外科学会総会 1993年6月
 鈍的外傷性胸部下行大動脈損傷手術の補助手段について
第31回 日本人工臓器学会 1993年10月
 体外循環回路における血液適合性の検討 ヘパリンコーティング人工心肺回路との比較
第24回 日本心臓血管外科学会総会 1994年2月
 仔ウシ頸静脈より作製したRV-PA valved conduit 移植後長期実験成績
ASAIO’s 40th Annual meeting April 14,15 and 16,1994 San Francisco
 A New RV-PA valved conduit induced antithrombogenicity
第47回 日本胸部外科学会総会 1994年9月
 新しく開発した右室―肺動脈間導管の長期実験成績
第25回 日本心臓血管外科学会総会 1995年2月
 自己皮下脂肪組織を用いた人工血管シール法の臨床応用
第23回 日本血管外科学会総会 1995年5月
 仔ウシ頸静脈より作製した生体弁付き人工血管の静脈領域における抗血栓性の検討
X World Congress of the International Society for Artificial Organs. November 14-18.1995. Taipei.
 A New RV-PA conduit with a functioning natural valve.
第24回 日本血管外科学会総会 1996年6月
 下肢血行再建術後動脈閉塞に対する血栓除去術の検討
第49回 日本胸部外科学会総会 1996年10月
 左冠状動脈主幹部病変に対する冠状動脈バイパス術の検討
第27回 日本心臓血管外科学会総会 1997年2月
 ヘパリンコーティング人工心肺回路は術後出血を減らすか
第98回 日本外科学会総会 1998年4月
 血管内ドプラー法(ワイヤー)による冠状動脈バイパスグラフト血行動態の評価
第99回 日本外科学会総会 1999年3月
 血管内ドプラー法による冠状動脈バイパスグラフト血流動態の評価
Society for vascular surgery 53rd Annual Meeting June 7-9,1999 Washington,DC
 RY-PA valved conduit 
第40回 日本脈管学会総会 1999年12月
 血管内ドプラー法による内胸動脈グラフト血流動態の検討
第53回 日本胸部外科学会総会 2000年10月
 血管内ドプラー法による内胸動脈グラフト血流動態の評価
第44回 日本脈管学会総会 2003年11月7日
 虚血下肢への再生医療の実施:外科からの提言
第4回  日本再生医療学会総会 2005年3月2日
 虚血肢への末梢血幹細胞移植術
第105回 日本外科学会総会 2005年5月11日
 虚血下肢への末梢血幹細胞移植術
第33回 日本血管外科学会総会 2005年6月24日
 虚血肢への末梢血幹細胞移殖術長期成績
第36回 日本心臓血管外科学会総会 2006年4月13日
 重症虚血肢への末梢血単核球移殖術
第108回 日本外科学会総会 2008年5月16日
 虚血肢への末梢血単核球移殖術

日本胸部外科学会関東甲信越地方会における発表

第81回  1992年2月
 術前診断が可能であった冠状静脈洞心房中隔欠損症の1治験例
第83回  1992年9月
 特異な形を呈した僧房弁瘤を持つ連合弁膜症の1治験例
第85回  1993年2月
 鈍的外傷による胸部大動脈全周性断裂の1治験例
第88回  1993年12月
 冠状動脈血行再建術後のMRSA感染症3例の検討
時期不詳
 心房中隔欠損孔パッチ閉鎖後の乳びろうの1治験例

研究会における発表 筆頭演者

第2回 神奈川心臓血管外科研究会 1993年10月
 CABG後3か月で冠状動脈病変が進行した1例
第6回 神奈川心臓血管外科研究会 1997年10月
 CABG術後遠隔機にIEAグラフトのスパズムをおこした1例
第11回 神奈川心臓血管外科研究会 2002年11月22日
 グラフト血流動態を知る
第3回 磯子区循環器疾患病診連携勉強会 2008年7月10日
 よみがえる血管―再生医療
第24回 金沢区出張医療講座 2009年2月25日
 よみがえる血管―再生医療
鶴見区難病講演会 2009年5月26日
 ビュルガー(バージャー)病の知識と最新の治療法について
南区難病講演会 2012年7月4日
 Buerger’s Disease バージャー(ビュルガー)病 病気の理解と動脈のケア
栄区難病講演会 2007年9月25日
 ビュルガー病の理解と最新の医療 血管再生治療<先進医療>について
平成19年 循呼センター 第9回公開医療講座  2007年12月1日
 よみがえる血管~再生治療
6回神奈川手術手技研究会 2007年11月14日
 循呼における血管再生医療のとりくみ
平成18年度特定疾患研修会 2007年2月19日
 血管再生治療について
中国 浙江大学医学院講演会 2005年10月21日
 Implantation of peripheral-blood mononuclear cells for ischemic limbs

社外講師講演

田辺三菱社外講師 2007年11月14日
 よみがえる血管―再生医療
バイエル薬品社外講師 2014年7月23日
 僧帽弁疾患と抗凝固薬
武田薬品社外講師 2014年6月18日
 アンチエイジング医学って何?サプリ飲んでますか それとも興味ありませんか
大日本住友製薬社外講師 2015年7月15日
 高血圧治療の歴史

座長

第43回 日本人工臓器学会総会 2005年12月2日
 一般演題 人工血管・ステント2
第44回 日本人工臓器学会総会 2006年11月2日
 一般演題 再生医療・臨床
第46回 日本人工臓器学会総会 2008年11月
 一般演題 人工肺・体外循環3
第47回 日本人工臓器学会総会 2009年11月
 一般演題 ペースメーカー
第38回 神奈川県心臓病研究会 2009年2月14日
 末梢血管のインターベンション治療
Cardio Vascular disease Meeting in Yokohama  2012年7月19日
 持田製薬研究会

英字 原著論文

Horie T, Ichikawa Y, et al Long-term clinical outcomes for patients with lower limb ischemia implanted with G-CSF-mobilized autologous peripheral blood mononuclear cells. Atherosclerosis 208 :461-466, 2010
Yokomuro H,Ichikawa Y, et al:Repairing of infarcted myocardium using a novel cell patch therapy. Asian Cardiovasc Thorac Ann 17/643-646, 2009
Yamazaki I, Ichikawa Y, et al. Long-term outcomes using vascular grafts sealed with fragmented autologous adipose tissue for aortoiliac occlusive disease. J Artif Organs 8:67-70, 2005.
Kajiwara H, Ichikawa Y, et al.
Experience with expanded polytetrafluoroethylene (ePTFE GORE-Tex) surgical membrane for coronary artery grafting: Dose ePTFE surgical membrane predispose to postoperative mediastinitis? Artificial Organs 28(9):840-845, 2004
Ichikawa Y, Kajiwara H, et al. Flow dynamics in internal thoracic artery grafts 10 years after coronary artery bypass grafting. Ann Thorac Surg 73:131-7:2002
Noishiki Y, Ichikawa Y, et al. Introduction of Tissue Engineering Concepts into the Field of Endovascular Grafts: An Attempt to Solve Endoleakage Problems of Endovascular Grafts Implanted in Aortic Aneurysms. Artif Organs, 25(3):228-235, 2001
Manabe, T, Ichikawa Y, et al. Reoperative coronary artery bypass grafting via a left thoracotomy and a small laparotomy without cardiopulmonary bypass: report of a case. Surg Today 31:904-0907,2001
Yamazaki I, Ichikawa Y, et al. Midterm results of stent-graft repair for thoracic aortic aneurysms: computed tomographic evaluation. Artificial Organs 25(3):223-227.2001
Yamazaki I, Ichikawa Y, et al. Corrected transposition of the great arteries diagnosed in an 84-year-old woman. J CARDIOVASC SURG 42:201-3,2001
Yamazaki I, Ichikawa Y, et al. Stent-graft treatment of type B aortic dissection involving the right aortic arch case-report. Jpn Circ J 64:727-728.2000
Noishiki Y, Ichikawa Y, et al. Age dependency of neointima formation on vascular prostheses in dogs. Artif Organs, 24(9):718-728, 2000
Ichikawa Y, Kajiwara H, et al. Late vasospasm of the inferior epigastric artery graft. Ann Thorac Surg 67:1800-1:1999
Noishiki Y, Ichikawa Y, et al. Angiogenic growth factor release system for in vivo tissue engineering: a trial of bone marrow transplantation into ischemic myocardium. J Artif Organs 2:85-91, 1999
Noishiki Y, Ichikawa Y, et al: Succinylated collagen crosslinked by thermal treatment for coating vascular prostheses. Artificial Organs, 22(8):672-680, 1998
Ichikawa Y, Noishiki Y, et al Use of a bovine jugular vein graft with natural valve for right ventricular outflow tract reconstruction: a one-year animal study. J Thorac Cardiovasc Surg 114:224-33.1997
Ichikawa Y, Noishiki Y. letters to the editor. Should the anticalcification effect of epoxy compound in vascular bioprostheses be judged after implantation in mongrel dogs?  J Thorac Cardiovasc Surg 115:960-961.1997
Karube N, Ichikawa Y, et al: Measurement of cytokine levels by coronary sinus blood sampling during cardiac surgery with cardiopulmonary bypass. ASAIO Journal, 42:M787-M791, 1996
Matsumoto A, Noishiki Y, Ichikawa Y, et al. Sealing of a Fabric Vascular Prosthesis with Autologous Adipose Tissue: A Preliminary Report of Its Clinical Application. Artif Organs, 19(1):51-56, 1995
Mo M, Noishiki Y, Ichikawa Y, et al. Growth Regulation of Endothelial Cells by Tissue Fragments: Analysis on Mechanism of Rapid Endothelialization of Tissue-Seeded Vascular Prosthesis in a Three-Dimensional Culture System. Artif Organs, 19(11):1185-1189.1995.
Noishiki Y, Ichikawa Y, et al: Rapid Neointima Formation with Elastic Laminae Similar to the Natural Arterial Wall on an Adipose Tissue Fragmented Vascular Prosthesis. ASAIO Journal, 40:M267-M272, 1994
Ichikawa Y, Noishiki Y, et al.: A new antithrombogenic RV-PA valved conduit. ASAIO Journal 40:714-718.1994.
Noishiki Y, Ichikawa Y, et al. A Functional Neointima with Regularly Arranged Smooth Muscle Cells in a Fabric Vascular Prosthesis Transplanted with Autologous Venous Tissue Fragments. ASAIO Journal, 39:M746-M749, 1993
Noishiki Y, Ichikawa Y, et al. A Method to Reduce Thrombogenicity of a Graft for Small Diameter Arterial Substitution Seeded with Autologous Venous Tissue Fragments. ASAIO Journal, 38:M158-M162, 1992
Ichikawa Y, Noishiki Y, et al.: A new RV-PA conduit with a natural valve made of bovine jugular vein. ASAIO Journal 38:M266-M270,1992

邦文論文 筆頭のみ

市川由紀夫、相馬民太郎、山崎一也、磯田晋、戸部道雄、近藤治郎、松本昭彦.
特異な形を呈した僧房弁瘤を持つ連合弁膜症の1治験例. 日胸外会誌42:1350-1354,1994.
市川由紀夫、野一色泰晴、相馬民太郎、山崎一也、小菅宇之、孟 真、石井正徳、近藤治郎、松本昭彦. 仔ウシ頸静脈より作製した肺動脈用弁付きグラフトの臨床応用への可能性 日心外会誌;vol 22,No3 302-304,1993
市川由紀夫、野一色泰晴、梶原博一、井元清隆、石井正徳、小菅宇之、山本賢二、近藤治郎、松本昭彦. New valved conduit作製のための仔牛頸静脈の利用 人工臓器 22, 503-506,1993
市川由紀夫、相馬民太郎、山崎一也、岩井芳弘、野一色泰晴、近藤治郎、松本昭彦. 体外循環回路における血液適合性の検討 ヘパリンコーティング人工心肺回路との比較 ;人工臓器 23(1),305-308 ,1994
市川由紀夫、矢野義己、相馬民太郎. CABG後3か月で冠状動脈病変が進行した1例 薬理と臨床 4(7),1609-1611,1994.
市川由紀夫、蔵田英志、梶原博一、近藤治郎、松本昭彦. 心房中隔欠損孔パッチ閉鎖術後に発生した乳びろうの1治験例 日心外会誌;24:178-181,1995
市川由紀夫、野一色泰晴、相馬民太郎、小菅宇之、山崎一也、矢野善巳、戸部道雄、井元清隆、近藤治郎. 長期臨床例における自家脂肪組織細切片被覆人工血管の特徴的治癒像. 人工臓器 26(3):803-805,1997
市川由紀夫、梶原博一、浜田俊之、岡本雅彦、橋山直樹、佐藤順. 
単冠状動脈症を合併した先天性大動脈弁二尖弁狭窄症の1手術例. 日胸外会誌45:796-799,1997.
市川由紀夫、梶原博一、浜田俊之、山崎一也、森琢磨、佐藤順. 
冠状動脈バイパス術におけるヘパリンコーティング人工心肺回路の有用性. 人工臓器27(1) 135-139,1998.

著書

Annual Review 循環器 1994: 中外医学社
Annual Review 循環器 1994: 中外医学社

p 324-332, 小口径人工血管

心臓血管外科手術書 再生医学 人工血管
心臓血管外科手術書 再生医学 人工血管

心臓血管外科手術書 再生医学 2.人工血管  先端医療技術研究所 352-357,2002.


ステント型人工血管のすべて・中外医学社 1999
ステント型人工血管のすべて・中外医学社 1999

分担執筆 第9章 合併症

Biomaterials Engineering and Devices
Formation of neointima in vascular prosthesis sealed with autologous adipose tissue fragments for femoropopliteal bypass. Biomaterials Engineering and Devices: Human Applications, Volume 1 Edited by D.L. Wise, et al. Humana Press, Inc., Totowa,2000

Human Applications. Volume 1 Edited by D.L. Wise, et al. Humana Press, Inc., Totowa,NJ 181-187,2000

Formation of neointima in a vascular prosthesis sealed with autologous adipose tissue fragments for femoropopliteal bypass.